クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューマン 交響曲第4番 マリナー(85)

2011.12.14 (Wed)
マリナーSRWシューマン
マリナー/シュトゥットガルト放送交響楽団(85、Capriccio)は79年に続く
このこのコンビ2回目の録音だと思う。その後も手兵と再録音しており
マリナーはシューマンが好きなのだろう。中庸のよさを感じる。
バーンスタインは熱過ぎ、カラヤンは立派過ぎ、その他の個性派演奏も疲れる、
という方には良い。

録音は遠近良好な自然なもの。

第1楽章は小細工のない流麗な演奏。安心して聴ける。
どこも飛び出すことなく音楽が流れる。
第2楽章も自然な情感が素敵。
第3楽章も立派な音楽だが清潔感がある。
終楽章も力で押すことはなく弾みながら歌いながら進む心地よさ。

全体の聴後感は腹八分目のよう。何か物足りなさもある。
しかしそもそもシューマンの交響曲はどこか未達で突き詰め切れていない
ところに魅力を感じなくてはいけないのかもしれない。
何かが足りない、この完結性の欠如に淡い浪漫を感じなければ
シューマンとは付き合えないかもしれない、などとふと思ってしまった。

10:36  4:01  5:30  9:20   計 29:27
演奏  A   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック