クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

アダムス 魂の転生 マゼール(02)

2011.04.11 (Mon)
on the transmigration of souls

3.11東日本大震災から1ヶ月。
両親が亡くなって一人ぼっちになってしまった小学生の女の子。
瓦礫の中を必死で今日も子供を捜す親たち。
涙なくしてニュースを見ることが出来ない。
目を背けてはいけないのだろう。
ふとCD棚に9.11の追悼アルバムが見えた。
TVの音を消して流す。

マゼール/ニューヨークフィル(02、NONESUCH)は同時多発テロの犠牲者を悼む
この曲の初演の模様。
アダムスのミニマル音楽的側面より、リリカルで静謐な音楽が延々と流れる。
演奏の質はきわめて高いのだと思う。
録音はエイヴェリー・フィッシャーホールでのコンサートライブだが客席ノイズはない。
一連の同レーベルのアダムズ録音に通じる透明でブルー系の音。

演奏時間は25分の単一楽章。
冒頭はニューヨークの街の音のテープから始まり、
”Missing...”というつぶやき、そして瓦礫の下に埋もれた人を探す声
音楽はそうした人々の声を優しく紡いでいく脇役のよう。
アイブスの「答えのない質問」のように虚ろに響くトランペット。
終盤、堪えきれない感情の高ぶりはあるが、またもや静けさを取り戻す。

しかし、このような直接的な曲を聴くにはまだ早かったかもしれない。

25分
演奏  悲  録音 94点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック