クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

指定期間 の記事一覧

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 タン(89)

2017.06.19 (Mon)
200x200_P2_G5384445W.jpg
タン(fp)/ノリントン/ロンドン・クラシカル・プレーヤーズ(89、Virgin)は
フォルテピアノによるコロコロ演奏。

メルヴィン・タン(1956~)はシンガポール生まれで英国を中心に活躍する
フォルテピアノの第一人者。
melvyn-tan.jpg

さてこの演奏、モダンピアノを聴きなれていると最初は戸惑う。
木質で地味で減衰の早いフォルテピアノは乾いた音になる。
モダンピアノによる煌めきや表情の多彩を知っていると、
このくすんだ音色には不足を感じる。
モダンピアノがフォルテピアノを駆逐してしまったのは故なきことではない。
(なお、インマゼール盤のフォルテピアノはもっとモダンピアノに近い音が
しておりこの楽器の個体差の大きさを感じる)

しかし第1楽章のベートーヴェン作曲の長大な方の
カデンツァ(11:04~16:00)を聴いていると・・・発見した。
モダンピアノでこのカデンツァを弾くと5分に及びかつ
その華麗な音色が如何にも見せびらかしのようにくどく聴こえる。
ところがこの演奏で聴くと大袈裟にならず妙技が愉しめる。
そうか、ベートーヴェンの頭の中で鳴っていたのはこちらの方なのだ。

テンポはノリントンの方針もあるのだろうが一貫して快速。
第2楽章など通常11~12分だがこの演奏は8分。
ノンヴィブラートで全ての音がスパっと消えていく。
そうした意味での余韻に乏しくこのラルゴ楽章がアレグロに聴こえる。

第3楽章はこの楽器に最も沿うと思うが、音量が大きくないので案外地味。
ノリントンの伴奏はフォルテピアノの特性を熟知したうえで
この個性を生かそうというもの。小編成オケでどんな場面も重くならない。
リズミックで活き活きはノリントンのアドバンテージ。

録音はアビーロード第1スタジオでのセッション。
編成が小さいのでこのスタジオでも不満は無い。
響きは少ないが適度な潤いはある。

16:21  8:16  8:29   計 33:06
演奏   雅A    録音  90点
 | HOME |