クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

指定期間 の記事一覧

ベートーヴェン 交響曲第7番 バレンボイム(99)

2017.06.05 (Mon)
バレンボイム78
バレンボイム/ベルリン・シュターツカペレ(99、TELDEC)は
ドスコイ充実の極み。
ピリオド奏法に全く目もくれずこのオケを信じわが道を行く。

バレンボイムには10年前のベルリンの壁崩壊記念演奏会ライブがある。
あの興奮に憑かれた演奏に比べ、演奏時間は反復実行も加え6分長くなり、
じっくりどっしり型の演奏が出来上がった。

第1楽章ギュッと固まった響き。弦は流麗というよりゴリゴリザクザク感を残す。
木管は清らか。金管は逞しくティンパニは硬質に打ち込まれる。
バレンボイムの解釈は恣意的でなく正攻法で力強い。
変哲ないのにここまで素晴らしい演奏になったのは、
指揮者には申し訳ないが低重心のオケの威力。
いや、ここまで立派な音を出させた指揮者の力量というべきか。

第2楽章も遅いテンポでひたひた迫る。音響が地に足がついている。
ブルドーザーの行進。

第3楽章も軽はずみにならない。
とはいえ、ここでは粘性が高いのが気になる。

終楽章はテンポは普通なのだが確信犯的にリズムの刻みを
前の音にかぶせるような処理。これにより舞踏感を出しているよう。
しかしながら相変わらず重い音なので独特の雰囲気を醸し出す。
最後の追い込みもさすが。スタジオ録音だが燃焼してる。
最近の小手先の軟な演奏とは違うぜ!と演奏が言っている。
Barenboim.jpg

録音は旧東ドイツ側にあった放送局スタジオでのセッション。
ここの響きがまことによろしい。音が止むときに残響も綺麗。
マルチマイクで録りながらうまくミックスしてこのオケの最良の音を伝える。

14:27  9:37  9:37  8:35   計 42:16
演奏   A+    録音  94点
 | HOME |