クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

指定期間 の記事一覧

プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番 デミジェンコ(95)

2017.06.04 (Sun)
デミジェンコ23
デミジェンコ(P)/ラザレフ/ロンドンフィル(95、hyperion) は優しく深い。
デミジェンコ(1955~)はウクライナ系ロシア人。
彼はモスクワ音楽院で学んでいるときロシアの叩きつけるようなピアニズムに
反発していたようだ。むしろジョン・フィールドの流れを大事にガンガンバリバリでなく
弱音、まろやかさ、深さで勝負する。

彼は1978年のチャイコフスキーピアノコンクールで第3位。
この時の優勝者がプレトニョフ。対照的だ。
むしろショパンコンクールに照準を絞った方がよかったのかと思わせる。
なお、この人はイギリスのハイペリオンと専属契約してしまっているので
マイナーなイメージだが素晴らしいピアニスト。
Demidenko.jpg

たまたまyoutubeで彼の演奏するこの曲の映像を見つけた。
スペインでの2015年のライブ (SinfonicadeGalicia)

60歳の演奏ということもあるかもしれないが輪郭はしっかりなのだが
実にまろやかで、我々がイメージする旧いタイプのロシアのピアニストでは無い。
プロコフィエフの外見上のモダニズムというより
聴いたことのないような詩的で太い演奏。そして静かだがしっかり主張している。
このビデオに感動してしまったので本盤を取り寄せた。

そしてこの映像の20年前の1995年録音のこの演奏も既に同じ方向性だった。
第1楽章の序奏のアンダンティノは幻想的に進み、アレグレットに入ると
逞しくなるのだが決して大柄に叩かない。
第2楽章は20年後のビデオより速いテンポで軽やかだが濁らない。
第3楽章は白眉。遅いテンポは既にこの時から。隈取りしっかりしながら
踏み込んでくる。どんどん巨大になる。心に迫る。
終楽章はオケも好調で緩急つけながら。ピアノは冷静と情熱。

彼はコンクールの審査員を通じて日本のピアニストも多く見てきている。
その時のインタビュー記事があったので抜粋を転載させて頂く。
『日本には才能ある若い演奏家が多くいますね。あるところまでは大変優れた
成果を挙げますが一つだけ足りないとすればそれはコミュニケーション。
日本では伝統的に、自分の感情や意見を人々に向けて発信することを
あまり良しとしない傾向があります。しかし音楽とはコミュニケーションの芸術です。
ピアノも楽譜も物にすぎません。それを本物の音楽をするためには、
感情を出してコミュニケーションすることが大事です。
もちろんこれは一朝一夕に変えられるものではありませんし、
乗り越えるには多くの時間が必要です。
しかし世界には、勇気を振り絞り想像力を駆使して壁を乗り越え、
劇的な変貌を遂げたアーティストが何人もいます。
自分がこう感じるという内面の感情を人々に伝えることは、
何ら悪いことではありません。ただ、勇気を出せばいいのです。』

これは何も日本人ピアニストだけのテーマではない。

録音は場所の記載は無いがセッション。
このレーベルらしい誇張の無い音。
アビーロードのような感じもする。ピアノはそれほどオフではなく
全奏ではオケが包む。実演に近い印象。

12:26  2:38  8:33  11:41   計 35:18
演奏   S   録音  91点
 | HOME |