クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

指定期間 の記事一覧

ベートーヴェン 交響曲第7番 クライバー(76)

2017.05.06 (Sat)
クライバー71975
クライバー/ウィーンフィル(76、DG)は高次元のバランス。
名盤の誉れ高く、確かによい演奏だと思う。
管の使い方が巧く、アクセントが効いているし対向配置も効果的。

ただ、この盤よりも後年の迫真のライブ盤に魅力を感じる。
個人的好みでもあるが、聴衆のいないムジークフェラインは響き過ぎて、
せっかくのクライバーのリズムを削いでいると思う。

第1楽章は規範的演奏。テンポ・造形中庸でウィーンをよく鳴らす。
リズム感よくティンパニの打ち込みもこのオケでは珍しいほど決まる。

第2楽章はやや速めでもたれないテンポ。劇性の強調は無い。

第3楽章もうまくリズムに乗っている。

終楽章も勢いがあって素晴らしいが、ライブに比べると予定調和。

録音はムジークフェラインでのセッション。
75年11月と76年1月の編集。鮮度は今となっては少し落ち全体が鳴る。
帯域欲張らずまとまっているが当時の最良とは言えない。
なお、「THE ORIGINALS」盤では右からブーンというハム音が聞こえる。
別途保有のSACD盤もチェックせねば。

13:35  8:08  8:14  8:36   計 38:33
演奏   A   録音  88点
 | HOME |