クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

指定期間 の記事一覧

ベートーヴェン 交響曲第4番 ポルセリン(2000)

2017.05.03 (Wed)
Beethoven34_ABC.jpg
ポルセリン/タスマニア交響楽団(2000、ABC)はしなやかな爽快感。
このコンビについては第8番で詳細を記したが全く侮れない。
指揮者ポルセリンの解釈は奇をてらうことは全くなく率直で推進力を持つ。
ベーレンライター版による少人数オケだがそれほどピリオド感はない。

そしてなんといっても特徴は「ピアノフォルテ」の導入。
これだけでゲテモノと決めつけてはいけない。
もちろんスコアにはそんな使用指定はないが19世紀中盤まで通奏低音が
使われた可能性があるという説に基づいている。
しかも、実際はそれほど目立つ使われ方でなく、よく聞くと聴こえる程度。

それよりもこの演奏が素晴らしい。
水しぶきを上げるような新鮮さと溌剌感。
テンポは全体的に速く保有盤最短の29分。
クライバーより終楽章は長いが第2楽章が速いのでトータルは短い。
全体が一様に速いためドラマティックな要素は少ないがきびきび感では最右翼。
小細工がないので気持ち良い。硬質なティンパニも見事。

録音はシドニー・シティ・リサイタルホールでのセッション。
ホールとしては大きくないが50人以下のオケでは十分。
ABCの録音陣のレベルは高く下手なメジャーよりもいい音。

10:14  7:26  5:14  6:11   計 29:05
演奏   A+   録音  94点
 | HOME |