クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

Nielsen Sym6 の記事一覧

ニールセン 交響曲第6番 ストゥールゴールズ(2013)

2016.03.04 (Fri)
ストゥールゴールズ
ストゥールゴールズ/BBCフィル(2013、CHANDOS)はある意味ロマンティック。
この曲は断片のパッチワークのような音楽だが、
その中にほの暗く香り立つロマンを掬い取ろうとしているように見える。
そして各楽章の対比や表情の変転が相当ダイナミック。
敢えて無機質に淡々とやることも多いが、この指揮者は違う。

第1楽章緩急を交えるが6分から始まる回想でぐっとテンポを落とし
ノスタルジックなムードを際立たせるなど演出巧者。

第2楽章ユモレスクはおどけた音楽だがスコアを見てると超絶的な音楽。
打楽器と菅楽器だけのこの音楽はメロディに合わせて弾くことができないので怖い。
そんなことを感じさせる優秀録音。

第3楽章は一転弦主体。
チェロ、1stヴァイオリン、ヴィオラ、2ndヴァイオリンの順に痛切な歌を奏でる。
ここは極めて熱がこもっている。
後半の不思議なエコーの連続は時間をかける。

第4楽章も意欲的。楽器の明滅が意志的でメリハリ。
最後はニールセンのアッカンベー。
NIELSEN_KID-5_20160304223001027.jpg

録音はサルフォード・メディアシティUKでのセッション。
低域たっぷり、左右が明快に広がり楽器の位置がわかる。
この曲には豊かすぎるくらい。楽器の音が明快なのはこの曲では大切。
13:45  4:07  6:22  10:49   計 35:03
演奏   A+    録音  94点

ニールセン 交響曲第6番 ギルバート(2014)

2015.11.11 (Wed)
ギルバート56
ギルバート/ニューヨーク・フィル(2014、DACAPO)は力強く立体感がある。
このコンビの「ニールセン・プロジェクト」の交響曲完結コンサート。

演奏は2014年10月1日から3日のもの。同日は「5番」も演奏されている。
この演奏効果の上がらない曲は前座で、「5番」が後半の演目だったのだろうと
勝手に想像していた。が、実際は仮面舞踏会序曲→交響曲第5番→交響曲第6番。
この曲をラストに持ってきて聴衆はどのように反応するか不安なはずだ。

しかし、ギルバートは最後に持ってきた。
それだけ自信があったのだろう。
そんなことを思わせる、極めて丹念でメリハリもある演奏だ。
曖昧なフレーズはなく、ここぞという時は馬力全開。後はおもちゃ箱。
ニールセン無邪気の境地。枯淡ではなく元気な6番だ。

録音はエイヴリー・フィッシャーホールでのライブから編集。
残響は少なく明快で奥行きのある新鮮な音。この曲ではプラスだ。
コンサートの空気感も伝わる迫真の音。
PHIL-master675.jpg
(↑演奏会を伝えるN.Y.TIMESの記事写真)

13:21  4:21  6:10  10:37   計 34:29
演奏   S    録音 95点

ニールセン 交響曲第6番 クチャル(2005)

2015.10.07 (Wed)
クチャル全集
クチャル/ヤナーチェクフィル(2005、Brilliant)は無邪気な世界。
このコンビの全集中最高。精力的な演奏。

聴く前からこのホールでこのオケがクチャルの指揮で
この曲を演奏するとどのように鳴るかは予想できた。
果たしてその通りになった。

軽量級のオケの各楽器が空間に放出し漂う。
弦が薄いので金管や各種打楽器が目立つ。
ただでさえ不思議なこのオケのバランスが曲のおかげで一層不思議なことに。

交響曲第6番(1925)は当時のヴァレーズのアメリカ(1920)や
アルカナ(1927)に通じるアヴァンギャルドな世界を感じさせる。
終結にかけて空気振動を伴うパーカッションや金管の思い切り
のいい鳴らし方は衝撃でもある。

録音はチェコ・オストラヴァ・コンサートホールでのセッション。
クリアーな空気の中で単発楽器があっちこちで鳴る音を捉えている。
室内楽的な曲だが空間の広さが必要。誠に適した音場でいい録音。
打楽器のヌケのいい音は魅力的だ。
クチャル&ヤナーチェクpo

13:40  4:05  6:07   10:56  計 34:48
演奏   A+   録音 93点

ニールセン 交響曲第6番 ベルグルンド(89)

2015.10.02 (Fri)
ベルグルンド36
ベルグルンド/デンマーク王立管弦楽団(89、RCA)は凍てつく世界。

第1楽章は基本的に厳しい。弦のパッセージもとげとげした感じ。
グロッケンシュピールもキンキン。
第2楽章「フモレスケ」は弦が全く登場しないで打と管の掛け合いだが、
この演奏は速めのテンポでニコリともせず通り抜ける。
第3楽章も同様。
終楽章の変奏もズンズン。
これはこれでこの曲の一面を表しているのは確かだと思う。
しかし。もっと多様で複雑な要素をこの曲は持っているはずだ。

録音はコペンハーゲン、オッド・フェロウ・ホールでのセッション。
クールトーンだがハイ上がりでやや弦がきつい。音場は美しい。

12:11  3:57  5:11  10:57   計 32:16
演奏   凍A-   録音  90点

ニールセン 交響曲第6番 オーマンディ(66)

2011.08.10 (Wed)
Nielsen6ormandy.jpg
オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団(66、SONY)も珍しい録音だ。
オーマンディは先輩のストコフスキーと似ているところがあって、
当時あまり演奏されない曲に光を当てる(たとえばショスタコの第4番は63年、
マーラー第10番の全曲版は65年、チャイコフスキーの第7番?が62年など)。
ちなみにステレオ時代に入って1965年にストコフスキーがこの曲を録音したのが最初?
日本でこの曲の盤が簡単に入手できるようになったのは70年代半ば
オレ・シュミット盤くらいからではないか。

録音はフィラデルフィアタウンホールで低域から明瞭にとれている。

第1楽章はほかの演奏より力強い。アクセントがゴリッと効いている。
この曲によく言われる「枯淡の境地」という言葉が似合わない。
木管の掛け合いなどはさすがにうまい。
フォルテの苛立つような表現と静まった時の深い音の対比は面白い。
第2楽章も小太鼓協奏曲のようなメリハリある音。
終楽章まで聴いてくるとこのオケの名技性が際立ち、
バルトークの「管弦楽のための協奏曲」を思い出す。
そう思うと小太鼓の使い方なども似てる。
管のフレーズや弦のパッセージなどもそっくりな部分がある。
しかし、バルトークがあの曲を作ったのは1943年だから
1925年完成のこの曲の方がずっと先だ。この曲の革新性を改めて感じる。
演奏は最後まで老化を感じさせない確信と壮絶を兼ねた凄い演奏だ。
オーマンディが楽譜から読み取った音楽を、北欧とか関係なく、
ストレートに再現している。
私がこの曲に抱いていた概念を覆すような凄い演奏だと思う。

12:28  4:04  5:24  10:28   計 32:24
演奏  A+   録音 87点
 | HOME |  Next »