クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

Beethoven Pcon5 の記事一覧

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 ゼルキン(62)

2017.06.08 (Thu)
ゼルキン皇帝
ゼルキン(p)/バーンスタイン/ニューヨークフィル(62、SONY)は
血を見るバトル。
何枚か聞き比べてやはりこの演奏に漂う気迫が尋常でないのを確認した。

『皇帝』は曲が「立派」すぎて威圧的でそんなに得意でないのだが、
ここまで開きなおってやってくれれば言うことなし。
柔らかな美しさはないが、最近ほとんど見ないピュアな覇気がある。
「爆演」かもしれないがゼルキンもバーンスタインも本当に凄ましいのだ。

第1楽章冒頭のバァーン!!からピアノの硬質な音が上下したあと、
オケが負けじと競い始める。ニューヨークフィルが対抗心メラメラ。
アクセントが強く低弦がゴリ押す。ブラスはぶっ放す。
そうなるとピアノも一歩も引かない。
バンバン撃ち合う。なんじゃこりゃ!!!
静まったところでも異様な緊迫感が漂っている。
ゼルキンってこんなに唸る人だったかと思うほどウーウー言っている。
serkin.jpg
青年バーンスタインは全く構うことなく還暦オヤジに襲い掛かる。
Leonard_Bernstein.jpg
容赦なし。テンポは必然的に速くなる。

第2楽章は逆にゆったりだが分厚さは変わらない。
このうねる様な感触はバーンスタインのものだ。
ピアノは強く臨界点一歩手前。

終楽章に入るとまたもやゼルキンの強打で耳が痛い。
当然オケがまた目覚める。なんでこう挑発するのか?
男ゼルキン絶好調でバリバリ弾きまくる。
終結に向かい渦巻くオケ。ギラギラ感満載。

この盤は世の中的にどのような評価なのか知らない。
こんなのまともなベートーヴェンではない、という人が
いてもおかしくない。
しかしこの真剣勝負は尊敬に値する。

録音はマンハッタンセンターでのセッション。
響きが大きいが巨大さ、豪快さならここだ。音響から少しハイ上がりに
なるところが緊張感のスパイスにもなってしまっている。

19:33  8:45  9:59   計 38:17
演奏   爆S   録音  88点
 | HOME |